前立腺

2014年01月26日

零くん、タマの行方は…

677c6dbb.jpg

164300ec.jpg

みなさま、前の記事で
ビックリさせちゃってすいませんでしたm(__)m


要約すると1週間前、零くん元気×食欲など今も
いつも通りありますが、
朝方に突然の頻尿&血尿、

病院で診てもらったところ、
前立腺炎ということでした。


前立腺自体も正常な老化で
大きくなりつつある事がわかりました。


すぐに命に関わる事ではなく、
前立腺肥大症と診断された訳では
ないのですが、今後も炎症を繰り返すようなら、
去勢をした方が良いと先生に勧められました。


とりあえず1週間、炎症を抑える薬を
処方してもらい、昨日1週間後の
診断に行ってきました。


今度はエコーはなくお尻に指を入れる
触診だけでしたが、やっぱり
小さくはなっておらず、
炎症は治っても大きさはさして
変わってないようでした。


1週間の間にオシッコの状態も
薬が効いて良くなった気がしてましたが、
病院でしていたマナーベルトの
パットの匂いを確認してみたら
また生臭い感じでした(T_T)


念のために1週間分、また同じ薬を出してもらって
今すぐどうにかなるという
状態ではないのでよく考えてみるように
先生に言われました。


泊まり勤務だった零父に診断結果を
電話で伝えると、やっぱり去勢は
させない方向で考えていて、
私も同じです。


これから、さらに高齢になるし
体力があるうちに、病気の元凶に
なりそうなタマは取った方が
いいかなぁと思う反面、

この歳でいきなり去勢したら
急にガックリ元気がなくなって
早くにボケちゃうんじゃないか…?とか、


先生も言っていたけど、現在10才の零くん。
小型犬の平均寿命を考えたら
あと4〜5年くらい。

心配の源を絶って穏やかに過ごさせるのも
いいような気もしますが、

同じ4〜5年なら有りのままに
させておきたい気もして、

1度、こうと思っても、またすぐに
別な考えが打ち消してモヤモヤMax、
考えがさっぱりまとまりません。


ああ、それにしても4〜5年か…。
改めてしみじみ考えて
悲しくなっちゃいました(T_T)


零ぬまさんには、なんとかウマイ具合に
20年くらい生きてほしいんだけど…。


どうも暗いですね…すいません!!(>_<)

しかし、ブッチャケいま突然、
M浦春馬くんが、全裸で現れても
ぜんぜんハシャげないほど
手詰まりだわ…(;´д`)。
↑さすがに唐突すぎだろ!!(笑)
(オバちゃんギャグ)


でも零くん、元気はとってもあります!!

帰りに公園でタマゴちゃん投げをして
遊びましたが、黒江ちゃんは気まぐれだけど、
零くんは途中で気が逸れたり、
見失ったりしても、ちゃんと
見つけて持ってきます。


ベンチで黒江ちゃんがコロコロと
落としたオモチャを零くんに
「拾って」と言ったら少し離れた所まで
行って拾ってくれました。


ま、普段から何かやったら
大袈裟に褒めるのか基本だけど、
特に今日はやたらとシツコク
褒めたりして…(^^;


ペットショップにお友達にプレゼントする
オモチャを探しに行ったら、
2匹で山積みのオモチャを
カミカミ…物色しだしたり。

そして甘々で新しいタマゴちゃん
買ってしまう私(^^;


こんな風にいつも通りに過ごしていると
タマ問題なんて、なかったような
気になるんですが…。

家に帰って夜までの間に
またチョピチョピと5回くらい
オシッコしてました…(T_T)


これは、どうしたっていつもの
オヤツ欲しさの無理矢理シッコ
じゃありません。


炎症も良くなってない様子〜。

まだまだ猶予があるから、
ゆっくり決めよう…なんて
お気楽な考えにフイッと逃げてましたが、
これは予断を許さぬかー!!
零ぬまーーーッ!!(@ ̄□ ̄@;


と、フトかたわらに目をやると
ベッドからグッタリと頭を垂れた
零くんが……!!


ちょ、ヤダー!!しっかりしてぇー!!

びっくりして強く揺すぶると
ただ寝てるだけでした…(^。^;)



にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ



monoi at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月25日

零ぬま氏、オトコ特有の病に(>_<)

b10b060c.jpg

4f18f5a9.jpg

前日まで食事も散歩もいつも通りだった零くん。

先週、土曜日の朝方、一緒に寝ている部屋の
ドアを零くんがカリカリしている音に
零父が気付いて目を覚まし、
ドアを開けてあげると真っ直ぐ居間にある
トイレへ…。


今までそんな時間に血相変えて
トイレに行くことなどなかったのですが、
見てみるとなんと血尿〜!!!(o□o)


シッコに血の固まりが混ざっていて
生臭いような匂いもする。

その後、寝室に連れて行っても
またトイレに行きたそうな素振りをするので
零くんだけ居間に残して朝見てみると
また1回、血尿をしていました。


頻尿&血尿で、あ〜また膀胱炎で砂でも
出てるのかな〜と思いつつ、
すぐに病院へ連れて行くと

診断結果は「前立腺………」
あーっ、零くん、オトコ特有病に…Σ(ノд<)


ずいぶん前に、ある飼い主さんから
以前、飼っていた犬を前立腺ガンで
亡くしたので今の犬はすぐに去勢した
という話を聞きました。


去勢はしないと決めた零くん。
いつかはそんな日が来るかもと
漠然と思っていたけれど…。

(注:去勢しても100%オトコ病を
防げる訳ではないそうですが)


零ぬまーー!!
私と黒江ちゃんを置いて行かないでー!!
アタシらチームじゃないかー!!(@T□T@;

零くんがいなくなったら私、
high人になっちまうよー!!
(犬にベッタリ依存の持病を抱える私… ^^;)


頭が真っ白になっていると先生が
「…前立腺炎ですね。大丈夫です、
命に別状ないですから。
正常な老化です、オヤジ性の症状です」


オ、オヤジっ!!
ウチのラブリーちゃんに
なんてことを!!(;`皿´)
↑って、そこか〜いッ!!(笑)


春や秋はお散歩先など女の仔のいい匂いが
いっぱいで、いつも落ち着きをなくして
ムスメ(黒江ちゃん)に抱き付いて
ガウられたりしている零ぬま氏。

そんなことも刺激になっているらしい。


とりあえず深刻な状態ではないのだと
ホッとしたのも束の間、

それにしても…と、前立腺の大きさが
零くんの体格にしては大きくなっていると
お尻に指を入れてコロコロと動かして
エコーで見せていただいた。


標準がどのくらいか分からないが、
先に見せてもらった図より、
確かに丸く大きくなっている。


「とりあえず薬で炎症を抑えて
様子を見ますが、繰り返すようなら
去勢した方がいいですね〜」と先生。


去勢すれば前立腺への刺激もなくなって、
小さくなるらしい。


んっえ、タ…タマを取る…!?(o□o)!
また頭がボーッとして、
10才でもまだそんな手術に耐えられる
体力があるんだなぁ、とか変なことに
感心しつつ、

今まで去勢したワンコに異常に
執着を示していた零ぬま。

誠に勝手ながら、10年も
オトコっぷりを思うさまに発散して
生きて来て、いきなり自分が
執着される立場になったら、
まず、ケンカだろうなぁ…(T_T)


なんてなことをボンヤリ考えていると
零父が「素人考えですが、
零の元気や活力の元になっていると
思うんですが、なんとか
去勢は避けられないでしょうか?」と。


そう、それ…。
やっぱり以前、10才近くなってから
去勢した飼い主さんの話も聞いたが、
それ以来、人にも犬にも、
オモチャにも食べ物にも
まったく興味を示さず
シラ〜〜っとなってしまったらしい。


これもまた必ずしもな事ではないだろうけど、
この歳でタマを取り、それ以来ガックリ来て
そのまま……なんてことに
なったりしないだろうか〜(T_T)


とりあえず薬を与えて1週間様子見です。


前立腺が大きくなると、尿道や腸が圧迫され
尿が出にくく頻繁にシッコしようとしたり、
細い便や平たい便をするらしい。


便の方は心当りないと即座に思ったが、

そういえば以前から、黒江ちゃんと
同じ量の食事をしてるのに
零くんは何となく便の量が少ないと
感じていたが、それも関係あるんだろうか?

尿の頻度も注意して見てあげてくださいと
先生に言われ、ただでさえ
マーキング王だし、わかるかしら〜?
などとホザいていたら先生曰く、
「飼い主さんなら、きっとすぐ気付きますよ」と。


で、予言?通りすぐ気付きました!!(T□T)
いつもはしない時間帯に
家のトイレでシッコー!!

最初のうちは色の濃い尿をチョピっと
ずつしていましたが、
その後、やや生臭い時もあったけど
薬も効いて来たのか、昨日くらいには色もきれいになり、
強い臭いもなくなりました。


そして早その1週間後の今日、
午前中には病院に行きますが、
タマの行方はどうなることやら…(>_<)


でもすでに牡丹ちゃんという
ステキな女の仔との間に
可愛い仔犬たちも生まれたことだし、
体力のあるうちに、もうこの機会に
あとは病気の元になるくらいしかない
タマは切った方がいいのかも、
という気もチラッとします。


そんな飼い主の葛藤も自ら(のタマ)の
運命もツユ知らず昨日も最近、
ご執心のルナ嬢にストーカーして、
ゴキゲン♪の零ぬまさんでした(´-ι_-`)。οΟ


玉(タマ)を惜しんで魂(タマ)を落としたら、
本末転倒ってか〜!?

↑ふいにオヤジギャグが飛び出すくらい
動揺してます〜ぅぅ(T_T)


いや、しかしタマとともに生きて、
タマともにしぬのも有りのままで良い
…とは思いつつも、万がひとつ、
寿命を伸ばすかもしれないと
思えば悩みます…(-"-;)


あっ、でも話はまだ生きしにの段階でなく、
タマも取る取らないの問題以前なので、
とりあえず病院へ行ってきますε=ε=┏( ・_・)┛



にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ



monoi at 07:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

狆 犬 Dog ペット Japanese Chin 狆 チン ブログ 狆ブログ 犬ブログ 狆くしゃ 零くん 黒江ちゃん 日本犬 日本狆 座敷犬 小型犬 チンクシャ ちんくしゃ ゼロ 和犬 ブログ ワンコ 愛犬 ドッグ わんこ 大奥 お犬様 blog